ホーム » ビーツとオレンジのサラダ(ヴィーガン)

ビーツとオレンジのサラダ(ヴィーガン)

こんにちは、Mamarabbitです。今回は、「食べる輸血」と言われるほど栄養価の高いビーツとビタミンが豊富なオレンジを使ったヴィーガンディッシュ、ビーツとオレンジのサラダのレシピをご紹介します。

フルーツを入れたサラダは私は元々大好きなのですが、塩気のあるものとフルーツのミックスが苦手な夫もこのサラダは”あり”のようで、何故か美味しいと食べてくれるんです。その、ありと無しの境界線がイマイチ分かりませんが(笑)、家族が喜んでくれ尚且つ私も好きなのが一番なので、このサラダが最近の我が家の定番になっています。

とにかく切ってドレッシングと和えるだけで簡単なのに、見栄えも良し!味も良し!栄養価も良し!意外な組み合わせですが、とっても美味しいので、ぜひ作ってみてくださいね♪

作ったら、ぜひ下のコメント欄から感想や星の評価を頂けると嬉しいです♪

こちらもおススメ♪野菜がモリモリ食べれるサラダレシピ!

桃とフェタチーズのサラダ

胡瓜とフェタチーズのサラダ

ビーツ・かぼちゃ・フェタチーズのキヌアサラダ

ビーツとオレンジのサラダの材料は。。。?

  • フレッシュビーツ・・・・缶詰やパックに入ったものでも作れますが、それらは既に酢漬けになっていたりスライスされており、味も食感も変わってしまいます。できればフレッシュのものを。
  • ネーブルオレンジ
  • 生食用ほうれん草・・・・又はグリーンサラダミックス、レタス等でも代用できます。
  • オリーブオイル
  • レモン果汁
  • 粒マスタード
  • メープルシロップ・・・ヴィーガン仕様でなければ、ハチミツでも〇
  • 美味しい塩と胡椒
  • あればスライスアーモンド・・・サラダにナッツを入れると食感が楽しいので、おススメです。

ちょっと変化を付けたい場合は、これにフェタチーズをプラスしても美味しいです。私はフェタチーズが大好きなのですが、このサラダはこのままのあっさり食べるのが好み。お好みでアレンジしてみてくださいね!

ビーツとオレンジのサラダを作る時のポイントは。。。?

切ったオレンジとビーツから出てくる余分な水分は軽く取ること!・・・・簡単なので大きなポイントはありませんが、敢えてあげるとしたら、ここ。しっかり取る必要はないので、サラダがびしゃびしゃにならないように軽く水分を取りましょう。

ビーツとオレンジのサラダは保存できる。。。?

このレシピは分量約4人分で3人家族の我が家ではその日のうちになくなりますが、翌日にも食べたい場合は、翌日に食べる分だけ材料を和えずに除けておき、食べる直前にドレッシングと和えるのをおススメします。でないと、葉物がシナ~っとしてしてしまうので。

見栄えもいいので、おもてなしにもピッタリ♪いつもと違った材料でサラダをワンランクアップさせてみてはいかがですか?簡単なので、ぜひお試しください!

ビーツとオレンジのサラダ(ヴィーガン)

Recipe by mamarabbitCourse: サラダCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

4

servings
Prep time

20

minutes
Cooking timeminutes
Calories

100

kcal

Ingredients

  • 110~120g(大1/2個) 生のビーツ(NOTE①参照)

  • 2個 ネーブルオレンジ

  • 約60g(ふんわり4カップ) 生食用ほうれん草(又はミックスグリーンやレタス等)

  • 適量   あればスライスアーモンド

  • ドレッシング
  • 12g(大さじ1) オリーブオイル

  • 15g(大さじ1) レモン果汁

  • 14g(小さじ2) メープルシロップ(又は蜂蜜)

  • 3g(小さじ1/2) 粒マスタード

  • 1g(小さじ1/4) 美味しい塩

  • 適量  胡椒

Directions

  • 小さなボール、又は小皿や容器にドレッシングの材料を合わせて置く。
  • ネーブルオレンジは縦に8等分し、皮を取る。ビーツは皮を剥き、スライサーの目の粗いところで削る。葉物は洗う必要のある場合は、洗って水気を切っておく。(NOTE②参照)ローストされてないスライスアーモンドの場合は、オーブンかフライパンで軽く焼く。
  • 大きめのボールに生食用ほうれん草、軽く水気を取ったビーツを入れ軽く和える。作ったドレッシングの半量をかけ、水気を取ったオレンジも加えてサックリ和える。スライスアーモンドをトッピングし、食べる時にお好みでドレッシング少量をかける。

Notes

  • ①缶詰やパックに入ったビーツでも作れますが、酢漬けになっているものが多く、味や食感は変わってしまいます。その際、既に味が付いているのでドレッシングの量は加減してください。
  • ②ビーツを切る時は、色が沈着しないようキッチンペーパーを2枚重ねたものをプラスチックまな板の上に引いています。木のまな板は色が付くと落ちないので、おススメしません。ビーツを切ったら直ぐに包丁や手を洗いましょう。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*