ホーム » キドニービーンズと野菜の黄色いミネストローネ

キドニービーンズと野菜の黄色いミネストローネ

こんにちは、Mamarabbitです。オーストラリアは今は秋、と言っても日中はまだまだ暑い日もありますが、朝晩はだいぶ涼しく過ごしやすくなりました。

逆に日本は春ですが、まだまだ肌寒いといったところでしょうか?そういう陽気の日は、やっぱり体を温めるスープが飲みたくなります。元々、胃腸の弱い私。。。40歳を過ぎて、さらに体調のバランスが崩れやすくなり、夏でもキンキンに冷えた飲み物を受けつけなくなりました(苦笑)。

あ~昔は、アイスクリームがのった冷たいアイスコーヒーを飲んでたのにな~。。。と回顧してしまう時もありますが、今はやはり温かいものを体に入れてる時に、体の調子が整っている気がします。

と言うことで、今日は、キドニービーンズと余り野菜を入れて作る、黄色ミネストローネをご紹介します。ミネストローネは赤でしょう?トマトは入ってないの?と思われる方、実は、ミネストローネはイタリア語で「具沢山のスープ」という意味で、必ずしもトマト入りの赤いスープという訳ではないんだそうです。

使う野菜も季節や地方によって様々で、コロンブスによってトマトが持ち込まれるまでは、トマトなしが定番だったようです。今回私が作ったのは、シンプルな豆と野菜のスープに「ターメリック」をプラスしたもの。だから、黄色いミネストローネなんですよ~。

ターメリックとは。その効能は。。。

ターメリックは、生姜科の植物「ウコン」の根茎で、乾燥させて粉末にしたものがスパイスとして出回っています。カレーが黄色っぽくなるのは、このスパイスが理由ですね。

ターメリックに含まれる注目すべき成分に、「クルクミン」という成分があります。その驚くべき効能は。。。

  • 強い抗酸化性・抗炎症性
  • 消化促進
  • 肝機能促進
  • 解毒作用
  • 関節炎の痛み軽減
  • 抗アレルギー作用

ターメリックはポリフェノールの一種なので、美容効果も期待できます。ただ、その強い抗酸化・抗炎症作用のため、取り過ぎには注意が必要ということなので、一日に1~3gを目安に取るよう推奨されています。なんでも、程ほどが大切ですね。

キドニービーンズと野菜の黄色いミネストローネの材料は。。。

  • キドニービーンズ缶または乾燥豆から茹でたもの
  • 野菜・・・・・パプリカ、人参、セロリ、玉ねぎ、じゃかいも、ニンニクなど
  • ベジタブルストックまたは、お好みでチキンストック
  • ターメリック
  • オリーブオイル
  • 塩 胡椒
  • トッピングにパセリやコリアンダーの葉をお好みで

冷蔵庫にある余り野菜をいろいろ入れられるので、具沢山で栄養が取れる上、冷蔵庫のお掃除もできて一石二鳥♪上記の野菜以外にも、ズッキーニやキャベツも美味しかったですよ。

絶対入れて欲しいのが、じゃがいも。時間が経つと、スープの旨味をグーンと吸って、さらに美味しくなるんです!たくさん作って、翌日の朝食やランチに再度スープを楽しむのをおススメします。

キドニービーンズと野菜の黄色いミネストローネの作り方は。。。

難しいこと一切なし。野菜を煮込んでいる間にもう一品作れば、ディナーの準備は完了です!

  1. キドニービーンズ缶を缶からザルに空け、軽く水洗いをして水気を切っておく。
  2. 野菜は大まかに2㎝角に、ニンニクは微塵切りにする。
  3. 鍋にオリーブオイルを弱火に熱し、にんにくを軽く炒めたら、野菜とターメリックを追加し、軽く炒める。
  4. さらに水とキドニービーンズを入れて強火にし、沸騰したら灰汁を取って、ベジタブルストック(又はチキンストック、コンソメ等)を入れて強火にする。
  5. 沸騰したら弱火にし、15~20分野菜が柔らかくなるまで煮込む。
  6. 味を見て足りないようであれば、塩で調節。仕上げに胡椒とパセリをかけて頂きます。

キドニービーンズと野菜の黄色いミネストローネが余ったら。。。

上記にも書いたように、時間と共にじゃがいもが美味しいスープを吸って、翌日はさらに美味しさアップします。朝食なら、これと美味しいパンを焼いて添えるだけでも〇。栄養もあって、体の中から温まるので、元気に1日のスタートが切れそうです。

ランチには、+オムレツを焼いて、カフェ風なワンプレートランチにしてもいいですね♪赤いミネストローネもいいですが、ターメリック入りの黄色いミネストローネも体に良くて美味しい!ぜひ作ってみてくださいね!

こちらも美味しくて簡単にできるスープです。ぜひお試しください♪
→ かぼちゃとレンズ豆のエスニック風ポタージュ

こちらも、翌日のスープと一緒にランチにおススメです♪
→ スイートポテトとローズマリーのオムレツ

キドニービーンズと野菜の黄色いミネストローネ

Recipe by mamarabbitCourse: スープ, ベジタリアン, ヴィーガンCuisine: エスニックDifficulty: 簡単
Servings

6

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

20

minutes
Calories

86

kcal

体にいいターメリックを使った、野菜とキドニービーンズの具沢山スープ。翌日は、野菜の旨味がさらに凝縮されて本当に美味しい!たくさん作って、残りは休日のお気軽ランチにどうぞ♪

Ingredients

  • 240g(1缶) キドニービーンズ水煮缶(又は乾燥豆を茹でたもの)

  • 80~100g(1/2個) 赤パプリカ

  • 100g(2~3本) セロリ

  • 150~170g(2/3本) 人参

  • 200g(小2個または大1個) じゃがいも(NOTE①参照)

  • 100g(1/2個) 玉ねぎ

  • 1かけ にんにく

  • 12g(大さじ1) オリーブオイル

  • 2g(小さじ1) ターメリック

  • 7g(大さじ1) ベジタブルストックまたはチキンストック(NOTE②参照)

  • 4~6g(小さじ2/3~1) 塩

  • 800ml(4カップ) 水

  • 適量 トッピングにお好みでパセリ、コリアンダー、胡椒

Directions

  • ニンニクは微塵切りに、その他の野菜は全て2㎝角ぐらいに切る。キドニービーンズは缶からザルに空け、軽く水で洗う。
  • 鍋にオリーブオイルを弱火で熱し、ニンニクを入れて香りが出るまで炒める。
  • 全ての野菜とターメリックを入れ、油とスパイスが野菜全体に馴染むように軽く炒める。
  • 水とキドニービーンズを入れ、強火で沸騰させる。沸騰してきたら、灰汁を取る。
  • ベジタブルストックを入れ、中弱火で10分~15分ほど煮込む。
  • 塩を加えて味を整える。お好みで、コリアンダーやパセリ、胡椒をふって頂きます。

Notes

  • ①じゃがいもは、煮崩れしにくいメークインを選ぶのをおススメします。
  • ②コンソメをお使いの場合は、大さじ1と1/2~2の間で味を見ながら調節してください。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*