ホーム » ズッキーニとディルとフェタチーズのフリッター(グルテンフリー)

ズッキーニとディルとフェタチーズのフリッター(グルテンフリー)

こんにちは、Mamarabbitです。日本では、フリッターというと衣を付けて揚げる洋風天ぷらのようなものを指しますよね?オーストラリアでは荒くすったズッキーニなどの野菜を円盤状にし、それを焼いたものをフリッターと呼びます。今日は我が家の人気ベジタリアンメニュー、ズッキーニとディルとフェタチーズのフリッターのレシピをご紹介しますね。

フリッターはオーストラリアのカフェの定番メニューの一つですが、私的にはどこで食べても脂っこい。。。。そんな理由で、いつからかカフェでフリッターを頼むことがなくなってしまったんです。それならお家で作ればヘルシーだし安くあがるし一石二鳥ですよね?

こちらはグルテンフリー&卵なしレシピなので、アレルギーがある方もヴィーガンの方も(チーズはヴィーガンチーズを選んでくださいね)楽しめるようなレシピにしましたよ~。グルテンフリーフラワー又は米粉で作るので通常のものよりモチモチ感があるフリッターになります。

ズッキーニをするのが少しだけ手間ですが、二の腕を鍛えていると思えばあっという間(笑)。それが終われば材料をどんどん混ぜて焼くだけ。最後にグリークヨーグルトをかけて頂きます♪

作り方はとっても簡単♪いつもの朝食に飽きたら、週末の朝食やブランチにぜひ作ってみてくださいね!下記から星の評価やコメントも受け付けています。またご質問等もお気軽にご連絡くださいね。インスタグラムからもタグ付けと#ママラビットキッチン、で作ったものを投稿して頂けると嬉しいです♪

ズッキーニとディルとフェタのフリッターの材料は?

  • ズッキーニ
  • フェタチーズ・・・・ヴィーガン仕様にはヴィーガンチーズで。小さいお子さんやフェタチーズが苦手な方にはチェダーチーズなどでも〇。
  • フレッシュディル
  • グルテンフリーフラワー・・・又は米粉+アーモンドプードル
  • フラックシードミール(オプション)・・・水と合わせて作るフラックスエッグを入れると、少しふんわりとしたモッチリに、無しだとモッチリになります。
  • ベーキングパウダー
  • にんにく・・・・又はガーリックパウダー
  • 塩・胡椒
  • オリーブオイル
  • グリークヨーグルト・・・・又は水切りヨーグルト
  • お好みでレモンやトマト

*フリッターそのままでも美味しいですが、グリークヨーグルトをかけることでさらに美味しさがアップします。ココナッツヨーグルトや豆乳ヨーグルトの場合、おそらく独特の味がフリッターの味を邪魔してしまう気がします。ヴィーガン仕様にはスマッシュしたアボカドにレモンを絞ったものをおススメします。

ズッキーニとディルとフェタチーズのフリッターを作る際のポイントは?

*ズッキーニはすりおろし器の目の粗い面で!水気はとにかくしっかり絞る!・・・ズッキーニは水分が多いので、目の細かい面ですりおろすと大根おろし状態に。。。目の粗い面で細切りに、塩を振りかけて置いたら、ギューギューとしっかり水気を絞りましょう!

*焼くときは美味しそうな焦げ目がつくまでしっかりと!・・・フリッターは香ばしい焦げ目が軽くつくまで焼くのが美味しさのポイントです。フライ返しで押さえつけながら表面をパリッと焼きましょう!

ズッキーニとディルとフェタチーズのフリッターの保存方法は?

フリッターは何といっても焼きたてが一番!それでも食べきれなかった場合は、密閉容器かお皿にサランラップをして冷蔵保存し3日以内に食べきるのをおススメします。食べる時は電子レンジで、さらにカリッとさせたい場合はフライパンで表面を軽く焼くのをおススメします。

大量に作って冷凍する場合は、一度に食べる量をサランラップで包み、フリーザーバッグに入れ1か月ほど保存します。ただ冷凍期間が長いほど風味が落ちてくるので、できるだけ早めに食べて下さいね。

ズッキーニとディルとフェタチーズのフリッター(グルテンフリー)

Recipe by mamarabbitCourse: ブレックファースト, ランチ, ベジタリアンCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

10

servings
Prep time

25

minutes
Cooking time

20

minutes
Calories

80

kcal

Ingredients

  • 1本(大)530g前後  ズッキーニ(すって水分を完全に絞ると310~20g)

  • 30~40g(約1/4カップ) フェタチーズ

  • 大さじ2        刻んだフレッシュディル

  • 小1かけ         ニンニク(又はガーリックパウダー小さじ1/2)

  • 12g(大さじ1)     オリーブオイル(生地用)

  • 適量          胡椒

  • 2g(小さじ1/2)    塩

  • 8g(大さじ1)    フラックスシードミール(NOTE②参照)

  • 110g(1カップ)    グルテンフリーフラワー(米粉はNOTE①参照)

  • 2g(小さじ1/2)    ベーキングパウダー

  • 18g~(大さじ1と1/2~)    オリーブオイル(調理用)(NOTE③参照)

  • 適量          グリークヨーグルト(NOTE④参照)

  • 適量          お好みでレモンやトマト

Directions

  • フラックエッグを入れる場合は、フラックスシードミールと水大さじ3(分量外)を混ぜておく。ズッキーニを千切りにすりおろし、分量外の塩を振りかけて10分ほど置いておく。フレッシュディルは粗微塵切りに、ニンニクは微塵切りにする。
  • ズッキーニの水分をよ~くしっかり絞って大きめのボールに入れる。(かなり水分が出てきます)
  • 2のボールにディル、ニンニク、塩コショウ、生地用オリーブオイル、フラックスエッグ(入れる場合)を入れスプーンで混ぜる。
  • 3にグルテンフリーフラワーとベーキングパウダーも入れたら、スパチュラで粉っぽさがなくなり生地がまとまるまで混ぜる。しばらく粉っぽさが続きますが、次第にズッキーニの水分でしっとりしてきます。
  • フライパンに調理用オリーブオイルを入れて中強火にかける。フライパンが熱くなったら生地を大さじ2強入れ、スプーンの裏で直径7㎝ほどに広げる。これをフライパンに収まる数だけ繰り返す。
  • それぞれ片面3~4分ほど焼き、いい焼き色がついていたら裏返し、さらにフライ返しで軽く押し付けながら3~4分焼く。途中必要ならオリーブオイルを足す。いい焼き色がついたら、キッチンペーパーを広げたお皿に取り出す。
  • お皿に盛ったらお好みでグリークヨーグルトをかけて頂きます。レモンや刻んだトマトなどを添えてどうぞ♪

Notes

  • ①米粉の場合は、80g(大さじ8)とアーモンドプードル 35g(大さじ5)で作ってください。
    ズッキーニの大きさによって粉や塩を微調整してください。
  • ②手元にフラックスシードミールがあれば使用してください。水と合わせて作るフラックスエッグを入れると、フリッターが少しふんわりモッチリに、入れない場合はモッチリになります。
  • ③気持ち少し多めのオイルでカリッと焼いたほうが美味しいです。途中フライパンにくっつきやすくなったら、少量のオリーブオイルを足してください。
  • ④ヴィーガン仕様の場合は、スマッシュしたアボカドにレモン適量を加えて作るソースがおススメです。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*