ホーム » ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニー(グルテンフリー)

ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニー(グルテンフリー)

《追記》手順と材料の分量を更新しました。写真を差し替えました。2021/10/20

こんにちは、Mamarabbitです。
今日は、私の大好きなドライフルーツ、ドライフィグ(乾燥イチジク)を使ったヴィーガンブラウニーのレシピを紹介します。砂糖無し、ドライフルーツの自然な甘さとメープルシロップを使って作る、体に優しいブラウニーです。

イチジクは、そのまま食べてももちろん美味しく栄養価も高いですが、ドライフィグ(乾燥イチジク)を使えば、1年中好きな時にお菓子が作れて便利なんです。もちろん、生のイチジクにしかない、ジューシーな特別な美味しさがありますが、ドライフィグも負けてません。

イチジクの栄養と効能。。。

イチジクは栄養が大変豊富な果物で、「不老不死の果物」と言われているんですね。ビタミンB群、カリウムを中心に、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルもバランスよく含まれています。また、腸内環境を整えてくれる、水溶性食物繊維ペクチン、さらに気になる栄養素として、アントシアニン、フィシン、植物性エストロゲンがあります。

  • アントシアニン : ポリフェノールの一種で、眼精疲労や視力の改善の期待、強い抗酸化作用でアンチエイジングにも効果があると言われている
  • フィシン : イチジクから出る乳白色の液体に含まれる、たんぱく質分解酵素で、肉や魚の消化促進を促す
  • 植物性エストロゲン : ホルモンバランスを整え、生理痛や更年期障害の緩和への効果が期待されている

女性に嬉しい栄養も含まれているので、ぜひ積極的に取りたいですよね。ただ、食物繊維が凝縮されているのと、乾燥させたものは生のものと比べカロリーも高くなるので、食べ過ぎには注意してくださいね。

ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニーの材料は。。。?

  • 乾燥いちじく・・・セミドライタイプのものを使いました。完全にドライタイプのものは少し長めに熱湯につけて戻してください。
  • 乾燥デーツ・・・小さめの固いタイプのデーツです。柔らかいマジョールデーツは熱湯で戻さなくても大丈夫です。
  • ココナッツオイル
  • ココナッツファイン
  • アーモンドパウダー(アーモンドプードル)
  • 豆乳・・・又はその他の植物性ミルク
  • 無糖ココアパウダー
  • グルテンフリーフラワー・・・又は製菓用米粉
  • メープルシロップ・・・・又はライスシロップ、ヴィーガン仕様でなければ蜂蜜でも〇

どれもオーストラリアのスーパーマーケットでは手軽に買える材料です。ココナッツファインはココナッツの果肉を削って乾燥させたもので、パウダーほど細かくなく、ココナッツ特有の香りや食感が楽しめます。日本では輸入食品店で買えるようなので、ぜひ手に入れてくださいね。

お菓子作りにはもちろん、シリアルにかけても美味しいです。ココナッツ好きさんはぜひ♪

ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニーの保存方法は。。。?

粗熱が取れたブラウニーを好みの大きさに切り、密閉容器に入れて冷蔵庫で4~5日保存。冷凍保存の場合は、サランラップに包んでフリーザーバッグに入れて、1カ月保存。冷凍庫での長期保存はどうしても味が落ちるので、早めに食べきるのをおすすめします。解凍は、常温で自然解凍、夏場は冷蔵庫で自然解凍してください。

ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニーの作り方は。。。?

フードプロセッサーでドライフルーツを一気にピューレ状にしたら、あとは粉類を混ぜてオーブンで焼くだけ。本当にあっという間に生地作りは終わり。こんなに簡単なのに、砂糖なし、乳製品なし、グルテンなしのヘルシーブラウニーが出来るんです。罪悪感なしのヘルシーブラウニー、ぜひ作ってみてくださいね!

フードプロセッサーで簡単にできるヘルシースイーツレシピ、こちらもお試しください♪
カカオニブエナジーボール
ヴィーガン生チョコ風ケーキ(グルテンフリー)

ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニー

Recipe by mamarabbitCourse: グルテンフリースイーツ, ヴィーガンスイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

16 

servings
Prep time

15

minutes
Cooking time

30

minutes
Calories

96

kcal

砂糖を使わずドライフルーツとメープルシロップで甘みを付けた、簡単ヘルシーなヴィーガンブラウニー。イチジクの食感が楽しいスイーツです♪

Ingredients

  • 液体類
  • 100g(17個) 乾燥デーツ(NOTE①参照)

  • 100g(7個) 乾燥イチジク

  • 36g(大さじ3)ココナッツオイル

  • 63~g(大さじ3~) メープルシロップ(NOTE⑤参照)

  • 136g(2/3カップ) 豆乳

  • 粉類
  • 60g(1カップ)  ココナッツファイン

  • 55g(1/2カップ) グルテンフリーフラワー又は製菓用米粉(NOTE④参照)

  • 60g(3/4カップ) アーモンドパウダー(アーモンドプードル)

  • 48g(大さじ8) 無糖ココア

Directions

  • イチジクは軸の硬い部分を切り落とす。デーツとイチジクを熱湯で戻し(5分ぐらい)、よく水気を切っておく。オーブンは180度に予熱開始する。ケーキ型にベーキングシートを引く。(NOTE②参照)
  • フードプロセッサーに液体類の材料を全て入れ、軽く攪拌する。液体類が飛び散るので、しっかり蓋を押さえてから回してください。(NOTE③参照)
  • ボールに2のピューレを移し粉類を全て入れ、スパチュラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。生地がねっちょりしてきて混ぜにくくなりますが、頑張って混ぜましょう!
  • ケーキ型に3の生地を移し、上からサランラップで押さえながら、均等に平になるよう広げていく。予熱が終わったオーブンで約30分焼いたら完成です。粗熱が取れたら型から外し、網の上で完全に冷ます。好みの大きさにカットして頂きます♪

Notes

  • ①私が使ったのは、Pitted datesという硬いタイプの小さめのデーツです。マジョールデーツは柔らかいので、熱湯で戻さなくても大丈夫です。
  • ②ケーキ型は底辺で18㎝×18㎝のサイズのものを使っています。
  • ③私はイチジクの食感が少し残るぐらいで、フードプロセッサーを止めています。お好みの大きさになったら止めてください。
  • ④グルテンフリーフラワーの代用で、日本製製菓用米粉も使えます。オーストラリアで売られている米粉単体はおススメしません。米粉を使う場合、65g(1/2カップ+大さじ1と1/2)で。
  • ⑤甘さを控えめにできる分量に変更しました。お好みでメープルシロップの量を増やしてください。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*