ホーム » ヴィーガン ブルーベリー レモンスコーン

ヴィーガン ブルーベリー レモンスコーン

こんにちは、Mamarabbitです。ここオーストラリアは冬に入り、店頭に並ぶ果物の種類もだいぶ変わりました。そんな時でもお菓子作りの強い味方、冷凍フルーツを使ってヴィーガンスイーツを作ることに。そう、今日ご紹介するのは、冷凍ブルーベリーで作る ヴィーガンブルーベリーレモンスコーン。

本当はフレッシュブルーベリーを使う予定でしたが、いつの間にか店頭から消えていてました(泣)しかし、マフィンやケーキと違い成型しなくてはいけないスコーン作りには、むしろ崩れにくい冷凍ブルーベリーの方が扱いやすいかもしれません。

ヴィーガンブルーベリーレモンスコーン

以前作ったヴィーガンレモンスコーンのアレンジ版で、爽やかながらもブルーベリーの甘さがマッチしたヘルシーなスコーン。卵・乳製品不使用なのに、某コーヒーショップのスコーンにも負けず劣らずな美味しさですよ!簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね♪

*ヴィーガンレモンスコーンのレシピ記事はこちらから

ヴィーガンブルーベリースコーンの材料は。。。?

ヴィーガンブルーベリーレモンスコーンの材料
binary comment
  • 冷凍ブルーベリー・・・フレッシュブルーベリーでももちろん作れますが、実が潰れないように気を付けて。冷凍ブルーベリーの方が成型はしやすいです。
  • オーガニックレモン・・・皮を擦って生地に入れるので、オーガニックが手に入ればベスト。そうでない場合は、農薬ワックスを落としてから使いましょう。レモンの皮に塩を擦り付けてから良く揉みます。その後熱湯で数回よく洗い、最後に冷水で洗い流します。
  • オーガニックローシュガー・・・日本のグラニュー糖にあたる砂糖です。その他の砂糖も代用可とは思いますが、ココナッツシュガーなど茶色い砂糖は、出来上がりの色も濃くなります。
  • ベーキングパウダー
  • ベーキングソーダ(重曹)
  • 美味しい塩
  • ココナッツオイル
  • 豆乳・・・その他の植物性ミルクでも可。
  • 粉糖・・・・レモンアイシング用に使います。アイシングをしない場合は、省いてください。

ヴィーガンブルーベリースコーンの作り方は。。。?

ヴィーガンブルーベリーレモンスコーンの作り方

1 豆乳にレモン果汁を入れ、おいておく(ヴィーガンバターミルク)。レモンの皮は摺り下ろす。オーブンは200度に予熱を開始。オーブントレーに、ベーキングシートを引く。

2 ボールに粉類(小麦粉、ココナッツシュガー、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、摺ったレモンの皮を入れ、泡だて器で全体をよく混ぜる。

3 固まった状態のココナッツオイルを2のボールに入れ、フォークでオイルと生地を馴染ませながら、生地をボソボソにしていく。

4 3のボールに1で作ったヴィーガンミルクを加え、スパチュラでさっくり混ぜ、大まかに大きな塊にする。(この時点では、まだ生地がボソボソしています)

5 次に、素手でボール底に残っている粉を混ぜながら軽く捏ね、冷凍ブルーベリーを加えサックリ混ぜ込む。

6 オーブントレーの上に生地の塊を置き、厚さ1.5cm~2㎝の厚さの円形に広げていく。多少潰れてしまうブルーベリーもありますが、できるだけ丁寧に優しく押し広げる。

7 8等分に切り分け、間隔を空けて並べる。分量外の豆乳少量を表面に薄く塗る。予熱の完了したオーブンで18分~20分焼く。その間に、粉糖とレモン果汁を混ぜアイシングを作っておく。

8 焼き上がり後、完全に冷めたスコーンにアイシングをのせて完成。

作る際のポイント

・ 粉類にココナッツオイルを混ぜるときは、オイルの塊がなくなり粉がボソボソになるまで混ぜること!


・ 冷凍ブルーベリーを入れたら手早く生地に混ぜ込むこと!でも実をあまり潰さないように優しく。

ヴィーガンブルーベリーレモンスコーンの保存方法は。。。?

ヴィーガンブルーベリーレモンスコーン

スコーンは焼いた当日に食べるのがベスト。常温保存では2日までがおススメです。保存は完全に冷めたスコーンをお皿や容器に入れたら、密閉せずにふんわりとアルミホイルで覆うように被せます。

密閉するとサクッと焼いたスコーンがしんなりとしてまいます。高温多湿を避け、直射日光の当たらない所で保存しましょう。

冷蔵保存はおススメできませんが、どうしても冷蔵保存をしたい場合はアイシングシュガーはのせずに4~5日保存できます。その際、個別にサランラップで包み、密閉容器に入れてください。食べる時は、アルミホイルに包みオーブンで2~3分温め→ホイルを開いて1~2分カリッとするまで焼きます。その後アイシングシュガーをトッピングしてください。

ヴィーガンブルーベリーレモンスコーン

冷凍保存もアイシングシュガー無しのものを個別にラップに包み、密閉容器かフリーザーバッグに入れ、1カ月ほど保存。常温で解凍してから、冷蔵保存同様にオーブンで温めなおし、アイシングシュガーをのせてください。長期の保存は味の劣化が進むので、できるだけ早めに食べるのをおススメします。

ヴィーガンスイーツとは思えないほど、サックリ美味しいブルーベリーレモンスコーン。お家で簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね!美味しいコーヒーを入れて、ゆっくりおうちカフェしましょう♪

おうちカフェがもっと楽しくなる美味しいヴィーガンスイーツレシピ こちらもおススメです♪

* ヴィーガンキャロットケーキ

* ヴィーガン焼きドーナッツ シナモンシュガー&チョコグレーズ味(グルテンフリー)

* ヴィーガンラズベリーアーモンドケーキ(グルテンフリー)

ヴィーガン ブルーベリー レモンスコーン

Recipe by mamarabbitCourse: スナック, ヴィーガンスイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

8

servings
Prep time

25

minutes
Cooking time

18

minutes
Calories

156

kcal

Ingredients

  • 70~80g(2/3カップ)冷凍ブルーベリー(又はフレッシュブルーベリー)

  • 1個  オーガニックレモン(またはワックス除去したレモン/NOTE①参照)

  • ヴィーガンバターミルク用
  • 103g(1/2カップ) 豆乳(又はその他の植物性ミルク)

  • 15g(大さじ1) レモン果汁

  • 粉類
  • 220g(2カップ) ホワイトスペルト小麦粉(又はスペルト全粒粉、普通の小麦粉)

  • 36g(大さじ3) オーガニックローシュガー(グラニュー糖)(NOTE②参照)

  • 4g(小さじ1) べーーキングパウダー

  • 4g(小さじ1) ベーキングパウダー(重曹)

  • 1個分     レモンの皮を摺ったもの(NOTE③参照)

  • 一つまみ    美味しい塩

  • その他
  • 48g(大さじ4) 固めのココナッツオイル(NOTE④照)

  • アイシング用
  • 50g(1/2カップ)粉糖

  • 10g(小さじ2)レモン果汁

Directions

  • 豆乳にレモン果汁を入れて置いておく(ヴィーガンバターミルク)。レモンの皮は摺り下ろす。オーブンは200度に予熱を開始。オーブントレーに、ベーキングシートを引く。
  • ボールに粉類(小麦粉、ココナッツシュガー、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、摺ったレモンの皮)を入れ、泡だて器で全体をよく混ぜる。
  • 固まった状態のココナッツオイルを2のボールに入れ、フォークでオイルと生地を馴染ませながら生地をボソボソにしていく。
  • 3のボールに1で作ったヴィーガンミルクを加え、スパチュラでさっくり混ぜ、大まかに大きな塊にする。(この時点では、まだ生地がボソボソしています)
  • 次に、素手でボール底に残っている粉を混ぜながら軽く捏ね、冷凍ブルーベリーを加えサックリ混ぜ込む 。
  • オーブントレーの上に生地の塊を置き、厚さ1.5cm~2㎝の厚さの円形に広げていく。多少潰れてしまうブルーベリーもありますが、できるだけ丁寧に優しく押し広げる。
  • 8等分に切り分け、間隔を空けて並べる。分量外の豆乳少量を表面に薄く塗る。予熱の完了したオーブンで18分~20分焼く。その間に、粉糖とレモン果汁を混ぜアイシングを作っておく
  • 焼き上がり後、完全に冷めたスコーンにアイシングをのせて完成。

Notes

  • ①オーガニックではないレモンを使う場合は、農薬ワックスを除去してから使います(皮も使用するため)。レモンの皮に塩を擦り付けよく揉み、その後熱湯で数回よく洗ってから冷水で流します。
  • ②ローシュガーは日本のグラニュー糖にあたります。その他の砂糖でも代用できると思いますが、ココナッツシュガーなど色の濃いものは、焼き上がりも色濃くなるかと思います。
  • ③レモンの皮は白いところまで摺ると苦みがでるので、表面だけを摺るようにします。
  • ④ココナッツオイルは夏場で溶けている場合、事前に冷蔵庫へ入れて固めのバターぐらいにしておきます。
  • ご家庭のオーブンによって時間調節をお願いします。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

《 こちらの記事にはアフィリエイトリンクが含まれています 》

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*