ホーム » ヴィーガンオレンジスパイスケーキ(グルテンフリー)

ヴィーガンオレンジスパイスケーキ(グルテンフリー)

こんにちは、Reikoです。まだまだ柑橘系の果物が並んでいる、冬のオーストラリアのスーパー。今回はミカンよりもオレンジ派な私が作ったヴィーガンスイーツ、オレンジスパイスケーキのレシピをご紹介します。

そして初めて挑戦したのは、ずっと作ってみたかったクグロフ型!こちらで売られているクグロフはどれもサイズが大き過ぎる(泣)。。ということで、日本から船便で遥々やってきた可愛い直径17.8㎝・高さ8.7㎝の型を使いました♪

粉はグルテンフリーフラワー又は米粉で、旬のオレンジとスパイスを効かせたちょっぴり大人の味。乳製品・卵不使用なので、フラックスエッグ(フラックスシードミールを水と混ぜたもの)を使って生地を安定させます。

オレンジの皮を擦って果汁を絞ったら、後はどんどん材料を混ぜるだけ!シンプルなケーキですが、クグロフ型で焼くと見た目も豪華でおもてなしにも〇。とっても簡単なのでぜひお試しくださいね♪

作ったら下からコメントや星の評価を頂けると嬉しいです♪また、インスタグラムでも作ったことを教えて頂けるとさらに嬉しいです!!

こちらも簡単美味しい果物を使ったヴィーガンスイーツレシピ
オレンジ アップサイドダウンケーキ(ヴィーガン・グルテンフリー)
ヴィーガンアップルスパイスガレット(グルテンフリーオプションあり)
ヴィーガンストロベリーガレット(グルテンフリーオプションあり)

ヴィーガンオレンジスパイスケーキの材料は。。。?

  • オレンジ
  • グルテンフリーフラワー・・・又は製菓用米粉
  • アーモンドフラワー(アーモンドプードル)
  • ココナッツシュガー・・・又はその他の砂糖
  • ベーキングパウダー
  • ベーキングソーダ(重曹)
  • ライスブランオイル・・・又はその他のクセのないオイル
  • 豆乳・・・又はその他の植物性ミルク
  • スパイス(シナモンパウダー、カルダモンパウダー、おろし生姜かジンジャーパウダー)
  • フラックスシードミール・・・代わりにチアシードでもできるかと思いますが、こちらはまだ試せていないので、試し次第レシピ更新していきます。
  • 粉糖(アイシング用)

私はジンジャーのピリッとした感じが好きなので、おろし生姜を使います。ジンジャーパウダーの場合は、味がマイルドになります。

甘さを控えたい方は、アイシングの代わりに軽く粉糖をふりかける程度でもいいですね。

ヴィーガンオレンジスパイスケーキを作る際のポイントは。。。?

オレンジの皮は塩でよく揉み洗いしてから摺りましょう!!・・・オーガニックのオレンジが手に入らない場合、皮のワックスをしっかり取ってから摺ってくださいね♪

ヴィーガンオレンジスパイスケーキの保存方法は。。。?

高温多湿を避けて、密閉容器に入れ常温で2~3日保存できます。部屋の気温が高い場合は、食べやすい大きさに切り個別にラップで包んでから冷蔵庫へ。冷蔵の場合は4~5日保存できますが、少し生地が乾燥しやすくなるので早めに食べましょう。

それ以上長く保存する場合は、同じく食べやすい大きさに切り個別にラップし、フリーザーバッグか密閉容器に入れ1カ月ほど保存できます。それでも長期の冷蔵保存は風味が落ちるので早めに食べきるのをおススメします。

ヴィーガンオレンジスパイスケーキ(グルテンフリー)

Recipe by mamarabbitCourse: グルテンフリースイーツ, ヴィーガンスイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

10

servings
Prep time

20

minutes
Cooking time

35

minutes
Calories

250

kcal

Ingredients

  • フラックスエッグ
  • 13g(大さじ1と2/3)  フラックスシード(NOTE①参照)

  • 75g(大さじ5)    水

  • ケーキ(粉類)
  • 200g(1カップと大さじ9) グルテンフリーフラワー(米粉の場合は190g/1カップと大さじ9)

  • 87g(1カップと大さじ1) アーモンドフラワー(アーモンドプードル)

  • 4g(小さじ1)     ベーキングパウダー

  • 4g(小さじ1)     ベーキングソーダ

  • 2g(小さじ1)    シナモンパウダー

  • 2g(小さじ1)     カルダモンパウダー

  • *2g(小さじ1)   ジンジャーパウダー(パウダーを使う場合)

  • ケーキ(液体類)
  • 140g(約2/3カップ) オレンジ果汁1個tと1/2個分

  • 2個分         オレンジの皮を擦ったもの

  • 15g(大さじ1)     豆乳(又はその他の植物性ミルク)

  • 78g(大さじ6と1/2)  ライスブランオイル(又はその他のクセのないオイル)

  • 74g(1/2カップと大さじ1) ココナッツシュガー

  • *5g(小さじ1)      おろし生姜(生の生姜を使う場合)

  • オレンジアイシング
  • 75g(2/3カップ)     粉糖(NOTE③参照)

  • 15g(大さじ1)      オレンジ果汁

Directions

  • 有機オレンジでない場合は、オレンジに塩を揉みこんで洗い流しワックスを落とす。そしてオレンジ2個分の皮を擦り下ろしておく。生の生姜を使う場合は、おろしておく。フラックスエッグの材料を混ぜておく。
  • クグロフ型に軽くオイルを塗り、分量外の粉をはたいておく。(NOTE②参照)オーブンは180度に予熱を開始する。
  • ボールに粉類を全て入れ泡だて器で混ぜる。
  • 別のボールにオレンジ果汁を絞り、残りの液体類を全て入れ泡だて器で良く混ぜる。
  • 3のボールに4の液体類を3回に分けながらスパチュラでサックリ混ぜていく。(ダマができてしまったら泡だて器で混ぜダマを潰す)
  • クグロフ型に生地を入れ、表面をならす。20~30㎝ぐらいの高さから落として空気を抜く。
  • 予熱が終わったオーブンで35分焼く(ご家庭のオーブンによって調節してください)。焼いてる間にアイシングの材料を混ぜあわせておく。焼きあがったら竹串をさし、生地がついてこなければOK。
  • 焼き終わって完全に冷めたケーキの上からお好きな量のアイシングをかけて完成♪

Notes

  • ①代わりにチアシードでも代用できるかと思いますが、私は、まだ試せていないので試し次第更新していきます。
  • ②型外れを良くするためにオイルを塗ります。オイルスプレーがあれば簡単で便利です。私はスプーンでオイル適量を型に垂らし、型をグルっと回しながら全体に流します。その後、オイルの行きわたってない部分にキッチンペーパーで素早く広げ、全面に塗ります。
  • ③アイシングはたっぷり多めの量になっています。少な目の量で作りたい場合は、粉糖50g、オレンジ果汁10gで作ってください。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*