ホーム » オレンジ アップサイドダウンケーキ(ヴィーガン・グルテンフリー)

オレンジ アップサイドダウンケーキ(ヴィーガン・グルテンフリー)

こんにちは、Mamarabbitです。今回は旬の果物、ネーブルオレンジを使った(ちなみにオーストラリアは真冬の峠を過ぎたころ。。)ヴィーガン・グルテンフリースイーツのオレンジアップサイドダウンケーキをご紹介します。

卵・乳製品・小麦粉不使用ですが、ヴィーガン・グルテンフリースイーツとは思えないほど、しっとりと爽やかな美味しいオレンジケーキ。見た目も華やかなので、おもてなしにもピッタリです♪

日本では定番のケーキではありませんが、オーストラリアではオレンジを使ったケーキはよく見かける定番商品です。オレンジケーキは食べたことがないという方、作ったことがないという方、とっても美味しいので騙されたと思ってぜひ作ってみてくださいね!(絶対に騙されません笑!)

ヴィーガン オレンジアップサイドダウンケーキの材料は。。。?

  • ネーブルオレンジ・・・8cm直径のオレンジ2個を使いました。それより小さいオレンジは2個半~3個で調整してください。
  • グルテンフリーフラワー・・・又は製菓用米粉でも〇。
  • アーモンドパウダー(アーモンドプードル)・・・生地がしっとり落ち着くのでぜひ入れてください。
  • ココナッツシュガー・・・お好みでグラニュー糖などでも〇
  • グラニュー糖・・・ケーキ底に入れる輪切りオレンジと一緒に使います。
  • ベーキングパウダー
  • ベーキングソーダ(重曹)
  • ライスブランオイル・・・溶かしたココナッツオイル、その他のクセのないオイルでも〇
  • アップルサイダーヴィネガー・・・・又は穀物酢でも〇

私が日本から取り寄せて使ったおススメの米粉はこちら。安心の国産(新潟産)で、粒子が細かくお菓子作りが簡単にできます!とってもおススメです♪

*オレンジは有機オレンジが手に入ればそのままで。手に入らなければ、塩を擦り付けて農薬を落としてから使います。詳しくは下記レシピカードの作り方を参考に。

ヴィーガン オレンジアップサイドダウンケーキを作るときのコツは。。。?

  • オレンジの皮は表面のみを削る!・・・・白い皮の部分まで削ってしまうと苦みが出ます。優しく表面だけをササっと削りましょう。
  • オレンジスライスは厚すぎず薄すぎず!・・・よ~く切れる包丁かパン切り包丁で切ると、綺麗に薄く切れます。ただ薄く切ろうとし過ぎると輪切りが台無しに。。。約5㎜ぐらいを目指して切りましょう。
  • スライスしたオレンジは水気をしっかり取る!・・・キッチンペーパーでしっかり水気を取り除いて、ケーキ生地がねっとりしてしまうのを防ぎましょう。
  • 焼き上がり30分以上は型から外さない!・・・粗熱が取れるまでオレンジ面を下にしたまま放置することで、キャラメライズされたオレンジが落ち着き、ケーキを綺麗に切ることができます。

後はレシピカードに記載された小さなポイントを守れば、めちゃめちゃ美味しいオレンジケーキが作れます!難しくないのでご心配なく!

ヴィーガン オレンジアップサイドダウンケーキの保存方法は。。。?

高温他多湿を避けて、サランラップをするか密閉容器に入れ常温で2日保存できます。冷蔵庫での保存は3~4日ほど。果物を使っているので、できるだけ早めに食べきるのをおススメします。

冷凍保存は表面のオレンジの食感が変わってしまうので、おススメしません。あらかじめ2日で消費できなそうだな。。という場合は、最初から冷蔵保存しても〇。多少の生地の乾燥は避けられませんが、水分量の多い生地なので生地が落ち着き、そこまでパサパサにならずに楽しめます。

こちらもおススメ♪フルーツを使った美味しいヴィーガンスイーツのレシピ。

《 こちらの記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。 》

オレンジ アップサイドダウンケーキ(ヴィーガン・グルテンフリー)

Recipe by mamarabbitCourse: ヴィーガンスイーツ, グルテンフリースイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単~中級
Servings

8

servings
Prep time

30

minutes
Cooking time

40

minutes
Calories

245

kcal

オレンジの爽やかな香りでいっぱいのアップサイドダウンケーキ♪卵・乳製品・小麦粉なしとは思えない美味しさです!

Ingredients

  • 直径8㎝ぐらいのオレンジ2個(それより小さい場合は2個半~3個)

  • 【 粉類 】
  • 130g(1カップ+大さじ1) グルテンフリーフラワー(米粉の場合はNOTE①参照)

  • 80g(1カップ) アーモンドパウダー(アーモンドプードル)

  • 4g(小さじ1) ベーキングパウダー

  • 2g(小さじ1/2) ベーキングソーダ(重曹)

  • 【 液体類 】
  • 60g(大さじ5) ライスブランオイル(又はその他のクセのないオイル・NOTE②参照)

  • 74g(1/2カップ+大さじ1) ココナッツシュガー(又はその他の砂糖)

  • 120g(約1/2カップ+大さじ1) オレンジ果汁+豆乳(NOTE③参照)

  • 適量(オレンジ2個分)  オレンジの皮を摺ったもの

  • その他
  • 12g(小さじ3) ローシュガー(グラニュー糖)

Directions

  • オーブンを180度に予熱開始する。18㎝ホール型の側面に薄く油を塗り、底と側面にベーキングシートをひく。
  • オレンジの農薬ワックスを取るため、軽く濡らしたオレンジの周りに塩を擦り付ける。その後流水で洗い流し、オレンジ2個分の皮を摺る。1個のオレンジを良く切れる包丁かパン切り包丁で、5㎜厚さに切る。(端の輪が小さい部分は食べちゃってます)
  • ケーキ型底に小さじ2のローシュガー(グラニュー糖)を散らす。その上に、キッチンペーパーで水気を良く取ったオレンジスライスを並べ、さらに小さじ1のローシュガーを散らす。(NOTE④参照)
  • さらに軽く水分を飛ばすため、3を予熱が終わったオーブンに15分ほど入れ、その後取り出す。
  • ボールに粉類の材料を全て入れ、泡だて器で良く混ぜる。
  • 別のボールに液体類の材料全てを入れ、ココナッツシュガーを少し溶かすようなかんじで泡だて器で良く混ぜる。
  • 5のボールに6の液体類を3回に分けて入れ(1回目は粉が残る)、その都度スパチュラでサックリ混ぜる。もしダマができてしまったら、泡だて器でダマを潰しながら混ぜる。
  • ケーキ型に生地を流しいれ、高さ30㎝ぐらいのところから落として空気を抜き、オーブンに入れ約40~45分焼く。(NOTE⑤参照)*焼き色が付きやすいので、残り15分になったらアルミホイルをかける*
  • 焼けたら取り出し、竹串をさしても生の生地がついてこなければOK。できればそのまま30分~放置しすることで、裏返したときに綺麗にケーキを切れます。

Notes

  • ①製菓用米粉を使う場合は、グルテンフリーフラワーの代わりに米粉1カップ(100g)+ コーンスターチ大さじ3(18g)で作ってください。
  • ②固まったココナッツオイルを使う場合は、電子レンジで溶かしてから使います。そしてオイルが温かいうちに豆乳を入れれば、オイルが冷えて固まるのを防げます。
  • ③約8㎝直径のオレンジ1個分で70~80gぐらいの果汁が取れます。それに豆乳をプラスして合計120gになるようにしてください。
  • ④オレンジスライスは最初に中央に一枚、それから周りにグルっと、それぞれが1/2~1/3ずつ重なるように並べます。重なる面が少ないと、生地が下に漏れてしまうので。
  • ⑤ご家庭のオーブンによって時間調節をお願いします。うちの電力強めオーブンでは40分でした。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

2 Comments

  1. 早速新作レシピ挑戦。またまた素敵なレシピです、手持ちの型に合わせて1.5倍量で砂糖は20g減らしてもオレンジの甘さでじゅうぶんでした。子供達も大喜びです。以前に某レシピの丸ごとオレンジを使ったケーキを数回作った経験があったのですが、こちらのレシピは手際よくでき、外はカリッと中はしっとりもっちりオレンジの皮部の苦味も一切なく美味しかったです。

     
    • いつもお世話になっています。最新レシピに挑戦してくださり、大変嬉しいです!気に入って頂けたようで良かったです(^^)
      型に合わせて分量を調節するなんて素晴らしいですね!またいろいろ挑戦してみてくださいね♪

       

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*