ホーム » ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィン

ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィン

《 こちらの記事には、アフィリエイトリンクが含まれています 》

こんにちは、Mamarabbitです。
今回のレシピは、見た目も鮮やかなラズベリーを使った、ヴィーガンマフィンです。ラズベリーが入ったお菓子はいろいろありますが、その中でも私が一番好きな組み合わせが、チョコレートとの組み合わせです。

甘いと甘ずっぱいが一緒になったスイーツは、なんとも言えない美味しさですよね?って、これ、私の旦那は大嫌いなんです。ラズベリーが入っていなければ、完璧なマフィンだ。。。だそうです(苦笑)。

ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィン

そんな反対派の意見は無視して試作を繰り返し、ヴィーガン仕様だけれども、ふんわりしっとりの美味しいラズベリーチョコマフィンが完成しました。

主な材料は。。。

ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィンの材料

粉類は、ホワイトスペルト小麦粉(又は普通の小麦粉)、無糖ココアパウダー、ココナッツシュガー、ベーキングパウダーとベーキングソーダ。液体類は、豆乳、お酢、ココナッツオイルとバニラエッセンス。そして、もちろん、フレッシュラズベリーとヴィーガンチョコレート(完璧なヴィーガン仕様でなければ、普通のダークチョコレートでも)。

スペルト小麦とは、化学肥料や、除草剤、殺虫剤を殆ど使用することなく栽培できる、古代穀物です。普通の小麦粉と比べ、グルテン含有量が少ないのが特徴です。

ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィン

消化もしやすく体への負担が軽い上、普通の小麦粉と同じようにお菓子作りができるので、食生活でグルテンを控えている人には、とってもおススメです。オーストラリアでは、スーパーマーケットで普通に購入できます。日本ではオンラインで手軽に買えるので、ぜひお試しください!

小麦の風味豊かな有機スペルト小麦粉はこちら↓
Amazon 鎌倉香辛料の有機スペルト小麦粉(ドイツ産)

乳製品不使用のダークチョコレートはこちら↓
Amazon ニッコーアレルゲンフリーダークチョコレート

冷凍ラズベリーでも作れる?

もちろん、作れます。その際、時間があれば、冷凍ラズベリーを自然解凍し、出てきた水分をキッチンペーパーで取ってから使ってください。そのひと手間で、焼き上がりの見た目が良くなります。

時間がない場合は、凍ったまま入れても大丈夫ですが、ラズベリーと周りの生地が少々水っぽく。。。それでも、味は美味しく頂けます。

ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィン

作り方は。。。

とっても簡単。まず、豆乳に酢を入れて凝固させて作る、ヴィーガンバターミルクを作ります。その後は、ボールに粉類を混ぜ、オイルとヴィーガンバターミルクなどの液体類、刻んだチョコレートを加えて混ぜるだけ。

ポイントは、豆乳は常温に戻したものを使うこと。ココナッツオイルに急激に冷えたものを混ぜると、オイルが固まってしまい、生地が上手く作れません。常温に戻す時間がなければ、電子レンジで20~30秒ほど温めましょう。

ラズベリーは崩れやすいので、生地をマフィンカップ半分まで入れたら加え、さらに最後に上にトッピング。後は、予熱が終わったオーブンで焼くだけ。慣れれば、焼くまで10分もかかりません。とっても簡単ですよ!

ヴィーガンラズベリーチョコマフィン

保存方法は。。。

焼成後、マフィンが完全に冷めてから、密閉容器に入れ2-3日。フルーツが入っているお菓子は傷みやすいので、高温多湿の場所を避けて、早めに食べるのをおススメします。

夏場はマフィンを個別にラップし、密閉容器に入れ冷蔵保存で。ただ、冷蔵庫での保存は生地が乾燥しやすいのと、ココナッツオイルの性質でやや硬くなります。食べる際、電子レンジでの温めは水分が飛びやすいので、マフィンを常温で戻してから食べるのをおすすめします。

ヴィーガンラズベリーチョコマフィン

冷凍保存の場合、マフィンを個別にラップし、密閉容器かフリーザーバッグに入れて保存。長期の保存は味が劣化してくるので、長くても1カ月程。風味が落ちないうちに、早めに食べましょう。食べる時は、常温で解凍。ただし、夏場はやはり冷蔵庫でゆっくり解凍させてから、常温で戻す方が安全ですね。

茶色と赤のコントラストが可愛い、チョコレートラズベリーマフィン。見た目も可愛いので、バレンタインやちょっとした手土産にも喜ばれること間違いなし。簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

簡単に作れる、美味しいヴィーガンスイーツのレシピ。こちらもお試しください
→ ヴィーガンブルーベリーマフィン
→ ヴィーガン生チョコ風ケーキ(グルテンフリー)
→ ドライフィグとデーツのヴィーガンブラウニー(グルテンフリー)

ヴィーガンラズベリーチョコレートマフィン

Recipe by mamarabbitCourse: ヴィーガンスイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

6

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

20

minutes
Calories

178

kcal

Ingredients

  • ヴィーガンバターミルク用
  • 120g(1/2カップと大さじ1)  豆乳(NOTE③参照)

  • 5g(小さじ1) お酢

  • 粉類
  • 120g(1カップと大さじ1) ホワイトスペルト小麦(又は普通の小麦粉)

  • 18g(大さじ3) 無糖ココア

  • 66g(1/2カップ) ココナッツシュガー

  • 4g(小さじ1) ベーキングパウダー

  • 2g(小さじ1/2) ベーキングソーダ(重曹)

  • 液体類
  • 60g(1/3カップ) ココナッツオイル(NOTE③参照)

  • 5g(小さじ1) バニラエッセンス(日本のものは5滴ぐらい)

  • その他
  • 90g(約1カップ) ラズベリー

  • 55g(刻んだもの焼く1/3カップ) ヴィーガンチョコレート(又は普通のダークチョコレート)

Directions

  • 豆乳にお酢を入れ、軽く混ぜて置いておく。オーブンは180度に予熱開始。チョコレートは荒く刻む。マフィン型にペーパーカップをセットする。
  • ボールに粉類の材料を全部入れ、泡だて器でダマがなくなるよう、しっかり混ぜる。
  • 2のボールに、ココナッツオイルとバニラエッセンス、1で作ったヴィーガンバターミルクを入れ、スパチュラでさっくり混ぜる。
  • 粉っぽさがまだ残っているうちに、刻んだチョコレートを加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。(NOTE①参照)
  • 生地をマフィン型半分ぐらいまで入れ、ラズベリーを2~3個ずつ載せたら、さらに残りの生地を全て入れる。
  • トッピング用のチョコレートと、残りのラズベリーをのせ、指で軽く生地に押し込む。オーブンで20分焼いたら完成。粗熱が取れたら、網の上で冷ます。(NOTE②参照)

Notes

  • ①トッピング用に刻んだチョコレート適量を残しておいてください。
  • ②ご家庭のオーブンによって、時間調節をお願いします。
  • ③豆乳は常温に戻したものを使ってください。固まっているココナッツオイルは、様子を見ながら電子レンジで10秒ずつ加熱し、溶かしておいてください。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*