ホーム » ジンジャーブレッドクッキー(グルテンフリーオプションあり))

ジンジャーブレッドクッキー(グルテンフリーオプションあり))

こんにちは、Mamarabbitです。もうすぐクリスマスですが、皆さんは何かクリスマス用のスイーツを準備していますか?クリスマススイーツにはいろいろなものがありますが、我が家で定番になっているのはジンジャーブレッドクッキー。そう、数種類のスパイスとモラセスという黒蜜のような液体を使って作る、独特の風味のあるクリスマス定番スイーツです。

海外のレシピはバターや砂糖がたっぷりなものが多いので、バター無し、砂糖とモラセスの分量を控えて自分好みのレシピに仕上げました。数年前からスペルト小麦粉を使ったこのレシピに落ち着きましたが、日本から丁度米粉が届いたのでそちらでもレシピを作りましたよ~。

ジンジャーブレッドクッキー

スペルト小麦粉はサクサクに、米粉はもう少しホロホロ食感に仕上がりますが、どちらも美味しく頂けます♪粉類と液体類を混ぜて合わせるだけなので、とっても簡単!冬休み(オーストラリアは長~い夏休み)にお子様と一緒に型抜きやアイシングのデコレーションをしても楽しいですね!

作ったら下からコメントや星の評価を頂けると嬉しいです♪

こちらもおススメのヴーガンスイーツ♪クリスマスのお祝いに一緒にいかがですか?
ヴィーガンラズベリーチョコブッセ(グルテンフリー)
ヴィーガンストロベリーガレット(グルテンフリーオプションあり)
ヴィーガンチョコレートカップケーキ(グルテンフリー)

ジンジャーブレッドクッキーの材料は。。。?

  • スペルト小麦・・・又は米粉(グルテンフリーフラワーは試し次第レシピ更新します)
  • アーモンドプードル(米粉使用の場合のみ)
  • 豆乳・・・・又はその他の植物性ミルク
  • ココナッツオイル
  • ブラウンシュガー・・・・私はMuscovado sugarという、さらにダークな未精製ブラウンシュガーを使いました。
  • モラセス・・・・・・私は代用したことがないのですが、黒蜜や蜂蜜でも代用できるようです。ただモラセスで作るのとは風味が変わるようです。ご参考までに。。。
  • ベーキングパウダー
  • シナモンパウダー
  • ジンジャーパウダー
  • ナツメグパウダー
  • アイシングシュガー

モラセスとは、砂糖を作る際に原料のサトウキビやてんさいの汁から除去される液体です。意外なことにミネラルやビタミンB6など、栄養を豊富に含んでいるんですね。甘みは砂糖より少なく、クセのある黒糖のような濃厚な味です。

ジンジャーブレッドクッキー

ジンジャーブレッドクッキーを作る際のポイントは。。。?

*生地を冷蔵庫で寝かした後に、常温に少し置く!・・・・この生地はココナッツオイルを使っているので、冷蔵庫で寝かすと生地が落ち着くのと同時に少し硬くなります。常温に少し置いて、生地を扱いやすくしてから伸ばしましょう。

ジンジャーブレッドクッキーの保存方法は。。。?

高温多湿の場所を避けて密閉容器に入れ、常温保存で3日以内までが美味しく頂けます。一度にたくさん作る量なので、3日以内に食べきれないかも・・・という場合は、焼く前の生地の状態で冷凍保存が可能です。その場合はサランラップで包み、密閉容器又はフリーザーバッグに入れて1カ月程保存できます。解凍は冷蔵庫で一晩かけて、その後は常温に戻し、生地が扱いやすくなる固さになったらクッキー作りに取り掛かりましょう。

ジンジャーブレッドクッキー(グルテンフリーオプションあり))

Recipe by mamarabbitCourse: グルテンフリースイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

24

servings
Prep time

50

minutes
Cooking time

12

minutes
Calories

87

kcal

Ingredients

  • 粉類
  • 270g(2カップと1/2弱) スペルト小麦粉(又は米粉の場合・・200g(2カップ))

  • 67g(3/4カップと大さじ1) アーモンドプードル(米粉使用時のみ)

  • 2g(小さじ1/2) ベーキングパウダー

  • 2g(小さじ1) シナモンパウダー

  • 2g(小さじ1) ジンジャーパウダー(NOTE①参照)

  • (小さじ1/4) ナツメグパウダー(省略可)

  • 液体類
  • 1個     卵(Mサイズ)

  • 60g   ブラウンシュガー(私はMuscovadoシュガーという黒糖のようなものを使用)

  • 60g   モラセス(NOTE②参照)

  • 60g(大さじ5)  溶かしたココナッツオイル

  • 15g(大さじ1)  豆乳又はその他の植物性ミルク

  • アイシング用
  • 50g(1/2カップ) 粉糖

  • 小さじ2弱    水

Directions

  • ボールに粉類を全て入れ、泡だて器で良く混ぜる。
  • ココナッツオイルが固まっていれば電子レンジで溶かす。別のボールに液体類を全て入れ、泡だて器で良く混ぜる。
  • 1のボールに2の液体類を入れ、スパチュラでサックリ混ぜていく。8割ほど粉っぽさがなくなったら、素手でボール底の粉を混ぜ込みながら、生地の塊にしていく。(練らないようにしましょう)
  • 厚めの長方形(10㎝×20㎝ぐらい)に大まかにまとめたら、サランラップにしっかり包み冷蔵庫で30分程寝かす。
  • 冷蔵庫から生地を出しだら、5~10分常温に戻す(NOTE③参照)その間にオーブンを180度に予熱開始し、オーブントレーにベーキングシートをひいておく。
  • 生地を麺棒で均等に5㎜~8㎜ほどの厚さになるまで伸ばしていく。生地にヒビが入ったら、指先で馴染ませて平にする。
  • お好みの型にくり抜き、予熱完了したオーブンで12分ほど焼く。焼き上がったら網の上で完全に冷ます。
  • クッキーを冷ましている間にアイシングの材料を混ぜ合わせ、コルネや小さいジップロック等に入れて用意する。完全に冷めたクッキーにお好みのデコレーションをして完成♪

Notes

  • ①子供が食べやすいようにジンジャーパウダー小さじ1で控えめな量になっています。お好みで量を増やしてください。又、おろし生姜を使うとさらにピリッとした生姜風味が味わえます。おろし生姜は液体類に入れて混ぜ合わせてください。
  • ②私は使ったことがないのですが、モラセスが手元にない場合は黒蜜や蜂蜜で代用できるようです。ただモラセスを使用した時とは風味が変わるようです。ご参考までに。。。
  • ③ココナッツオイルの性質上、生地が冷えて固くなります。生地を広げる前に、少し常温に戻し扱いやすくしてから伸ばしてください。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*