ホーム » ヴィーガンブルーベリーパンケーキ(グルテンフリー)

ヴィーガンブルーベリーパンケーキ(グルテンフリー)

こんにちは、Mamarabbitです。オーストラリアは春から夏を迎えようとしていますが、店頭にはいろんなベリー類が並んでいます。そんな中、旬を迎えて値段もお手頃になったブルーベリーを使って、ヴィーガンブルーベリーパンケーキを作ったのでレシピをご紹介します。

こちらは卵・乳製品なし、グルテンフリーフラワー又はスペルト小麦粉で作るシンプルなパンケーキ。元々は米粉とグルテンフリーフラワーでレシピを試作していましたが、試作の途中で米粉を切らしてしまった上に、オーストラリアの国際郵便物受付停止に伴い、日本から送られてくる予定だった米粉が届いていないため(泣)、オプションを増やすためにグルテンフリーフラワーとスペルト小麦粉使用のレシピを用意しました。

米粉が届き次第、試作してレシピにあげていきますね。((注)スペルト小麦粉はグルテン値が低いですが、グルテンフリーではありません。)

ヴィーガンブルーベリーパンケーキ

最初はオートミールを粉にして作っていましたが、モチモチ過ぎる!と娘の批判が。。。(苦笑)子供はモチモチじゃない普通のパンケーキが食べたいんですね。

ということで、オートミールを使わず、モチモチ感がどうしても出やすいグルテンフリーフラワーでもふんわりに近づけるよう材料を工夫しました。スペルト小麦粉は普通の小麦粉のようにサックリふんわり焼けるので、もっと通常のパンケーキらしく頂けます。やはり娘はこっちがお気に入りです(笑)。

このパンケーキは卵を使用していないので、生地が詰まって重くならないよう、そして生地がボソボソならないようフラックスエッグ(フラックスシードミールと水を合わせたもの)を使いますが、手に入らない場合は、少しモチっと感が増しますがチアシードでも同じような働きをするので、どちらかを使用してくださいね。

卵、乳製品、砂糖不使用。果物の甘さがあるので、甘みは風味付け程度のメープルシロップを少量のみ。というのも、パンケーキは上からメープルシロップをかけて食べるのが楽しみですからね。結局あとから甘くなります(笑)。

こちらはフレッシュブルーベリーでも冷凍のブルーベリーでも作れるので、季節問わずに楽しめるのも嬉しい♪いつもの普通のパンケーキもいいですが、たまにはこんなブルーベリーを贅沢に使ったパンケーキはいかがですか?

作ったら下のコメント欄から感想や星の評価を頂けると嬉しいです♪

こちらもおススメ♪オートミールを全量使ったグルテンフリーパンケーキのレシピ
グルテンフリーバナナオーツパンケーキ

ブルーベリーを使って作るおススメヴィーガンスイーツレシピはこちら♪
ヴィーガンブルーベリーマフィン
ヴィーガン ブルーベリー レモンスコーン

ヴィーガンブルーベリーパンケーキの材料は。。。?

  • フレッシュブルーベリー・・・・又は冷凍ブルーベリー
  • スペルト小麦粉・・・・又はグルテンフリーフラワー(米粉は手に入り次第レシピにします。)
  • アーモンドパウダーグルテンフリーフラワー使用時のみ
  • フラックスシードミール・・・又はチアシード
  • 豆乳・・・又はその他の植物性ミルクでも〇。
  • レモン果汁・・・・又はアップルサイダーヴィネガーや穀物酢でも〇。
  • ココナッツオイル・・・・少量を生地に混ぜ込むのと、必要ならばフライパンで焼く時用にも。
  • メープルシロップ・・・ヴィーガン仕様でなければ、ハチミツやその他の甘味料でも〇。
  • ベーキングパウダー
  • ベーキングソーダ(重曹)
  • バニラエッセンス・・・・風味付けに使いますが無ければ省いても〇。

フラックスシードミールと水を混ぜてゲル状にしたものを卵の代替品として使用しています(フラックスエッグ)。普段私のヴィーガンスイーツレシピにはあまり登場しませんが、このレシピでは使用した方が生地のまとまりが良く膨らみも出て美味しく頂けます。フラックシードミールが手に入らなければ、チアシードでも似たような効果が得られるので(少しモチっと感は増えます)、どちらかを使用するのをおススメします。

焼き上がり後は、お好みでヴィーガンバター、メープルシロップ、ココナッツミルクで作ったヴィーガンクリームなどをトッピングしてお召し上がりください♪

ヴィーガンブルーベリーパンケーキを作る際のポイントは。。。?

*ブルーベリーを生地に入れたら混ぜ過ぎない!・・・ブルーベリーを入れたら優しく生地に混ぜ込んでいきます。特に冷凍ブルーベリーの場合は、混ぜている間に生地が青くなりやすいので手早く生地に和える程度にしましょう。

*粉類と液体類を合わせたら生地を混ぜ過ぎない!・・・特にグルテンフリーフラワーは混ぜ過ぎると粘りが出て膨らみずらくなるので、粉っぽさがある程度なくなればストップします。ちっちゃなダマは気にせずに。

*フライパンに生地を入れたらスプーンで形を整える!・・・この生地はフライパンで広がらない重いタイプなので、綺麗な円形にするためにスプーンで周りを整えましょう。

ヴィーガンブルーベリーパンケーキ

ヴィーガンブルーベリーパンケーキの保存方法は。。。?

こちらは焼き上がり表面がカリッと仕上がるので、焼きたてに食べるのが一番美味しいです。

それでも冷蔵・冷凍保存したい場合・・・・個別にサランラップに包んで密閉容器かフリーザーバッグに入れて保存します。冷蔵では2~3日じゅうに、冷凍は1カ月ほど保存できますが、風味が落ちてくるので早めに食べきりましょう。

冷蔵・冷凍したパンケーキの温め方・・・冷蔵したものを電子レンジで温めると、ブルーベリーの水分が出て生地が少しビチョッとします。気になる場合は、さらにフライパンでカリッと焼くか、最初からフライパンで温めるのをおススメします。。冷凍して自然解凍したものも、同様に温め直してください。

ヴィーガンブルーベリーパンケーキ(グルテンフリー)

Recipe by mamarabbitCourse: グルテンフリースイーツ, スナック, ブレックファースト, ヴィーガンスイーツCuisine: アメリカンDifficulty: 簡単
Servings

6~7

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

25

minutes
Calories

143

kcal

Ingredients

  • 約100g(約1カップ)  フレッシュブルーベリー(又は冷凍のもの)

  • 140g(1カップと大さじ3)  グルテンフリーフラワー(スペルト小麦粉はNOTE①参照)

  • 98g(1カップと大さじ2)アーモンドパウダー(アーモンドプードル)

  • 8g(小さじ2)   ベーキングパウダー

  • 4g(小さじ1)   ベーキングソーダ(重曹)

  • 42g(大さじ2) メープルシロップ

  • 18g(大さじ1と1/2)   溶かしたココナッツオイル

  • 201g(1カップ)  豆乳(又はその他の植物性ミルク)

  • 10g(小さじ2)   レモン果汁(又はアップルサイダーヴィネガーや穀物酢)

  • 5g(小さじ1)  あればバニラエッセンス(日本のものは4~5滴)

  • フラックスエッグ
  • 小さじ2     フラックスシードミール(又はチアシード)

  • 大さじ2      水

  • トッピング
  • メープルシロップ、ヴィーガンバター、ヴィーガンクリーム、フレッシュブルーベリなどをお好みで。

Directions

  • 小さめのボールにフラックスシードミール(又はチアシード)と水を混ぜ合わせ、フラックスエッグを作っておく。ココナッツオイルが固まっていれば電子レンジで溶かしておく。
  • ボールにグルテンフリーフラワー、アーモンドパウダー、ベーキングパウダー、ベーキングソーダを入れ、泡だて器で良く混ぜる。
  • フラックスエッグを作ったボールにメープルシロップを入れ、良く混ざったら、ココナッツオイル、豆乳、レモン果汁、バニラエッセンスも加え良く混ぜる。
  • 2のボールに3の液体類を入れ、スパチュラでさっくりと混ぜる。(NOTE②参照)
  • 4のボールにブルーベリーを入れ、軽く生地に和える。(NOTE④参照)
  • フライパンを中弱火で熱し、必要ならココナッツオイルを引く。大きめのスプーン2杯分を落とし、スプーンの背で直径10㎝厚さ1.5㎝ぐらいに広げる。
  • 片面2分半~3分ぐらいずつ焼き、いい焼き色が付いていたら裏返し、さらに2分半~3分焼いて完成です。お好みのトッピングをかけて頂きます♪(NOTE③参照)

Notes

  • ①スペルト小麦粉を使う場合・・・アーモンドプードルを入れず、240g(2カップと大さじ2)で作ってください。
  • ②ここで混ぜ過ぎると膨らみが悪くなるので、サックリと混ぜる程度にしておきます。多少のダマは気にせずに。
  • ③この生地は焼けてきても気泡ができないので、周りの淵が焼けて、裏もいい焼き色が付いていたら裏返してください。
  • ④ブルーベリーの実を潰さないよう、サックリ和えるように生地に入れ込みます。特に冷凍ブルーベリーは生地が青くなりやすいので、凍ったままのものを入れ、混ぜ過ぎないように気を付けましょう。

レシピを使って料理をする前に、こちらを一読下さい。
→ 計量と材料

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*